記者会見する県医師会の稲野会長=3日午前、宇都宮市内

 県医師会は3日、宇都宮市内で記者会見を開き、新型コロナウイルスのワクチン接種のさらなる推進を呼び掛けた。稲野秀孝(いなのひでたか)会長は「変異型ウイルスの対策を強めるためにもワクチン接種を加速化し、集団免疫を獲得することで県民を感染から守りたい」と、接種を支援する姿勢を示した。

 稲野会長はワクチンの量について「当初は確保に不安があったが、現在は確保が進んでいる」と説明。一方、各地域の医師会から「予約が取れない人が多い」という声が寄せられているとして、「接種の枠を広げていく必要がある。個別接種や集団接種には医師会として全面的に協力していく」と述べた。

 接種の担い手確保に悩む自治体については「担い手を希望する医療従事者は十分な人数がいると考えている。必要なところにうまくつなげる努力をしたい」と明かした。

 一方、既往歴などの関係でワクチンを接種できない人や、接種を望まない人については「その立場を尊重しなければならない」と強調。「社会の分断が起きないようにすることが最も大切だ」と訴えた。