「菜の花交流会」に県内外から親子100人 鹿沼・中粕尾

「菜の花交流会」に県内外から親子100人 鹿沼・中粕尾

 【鹿沼】中粕尾の和田用水ホタルの里(親水公園)で16日、「菜の花交流会」が開かれた。菜の花畑で親子連れらが自然観察会や山野草摘みなどを楽しんだ。

 中粕尾水と緑の会と和田用水ホタルの里の会などが都会の人にも里山の魅力を知ってもらおうと企画。埼玉などの県外組を含め、親子約100人が参加した。

 自然観察会は菜の花畑でチョウの捕獲ほか、野鳥や植物を調べるのがテーマ。日本自然保護協会観察指導員の渡辺知義(わたなべともよし)さんを講師に招き、最近少なくなったスジグロシロチョウと外来種のモンシロチョウとの違いや周辺で見られるチョウの説明などが行われた。