感謝状を受け取った生徒ら

 路上で倒れてけがをした女性を保護したとして足利署は31日、いずれも栃木県足利市大月町、北中2年永田祥太(ながたしょうた)さん(13)、青柳佑生(あおやぎゆうき)さん(13)、阿由葉漣(あゆはれん)さん(13)、3年川上遥平(かわかみようへい)さん(14)に感謝状を贈った。

 永田さんと青柳さんは4月19日午後、自転車で下校中、ふらつきながら歩く女性(79)を確認。通り過ぎた後で振り返ると女性が倒れ額に血がにじんでいたため、合流した阿由葉さん、川上さんと女性を支えながら自宅に送り届けた。パトロール中の警察官が事情を聞き119番したという。

 感謝状を手渡した柿沼好裕(かきぬまよしひろ)署長は「高齢者の保護は時間が勝負。迅速に声を掛けていただき素晴らしい」とたたえた。永田さんは「考えるより前に動いた」、青柳さんは「助けられて良かった。また同じような事が起きても積極的に行動したい」と話していた。