延長11回、1死三塁で勝ち越しの中前適時打を放ち、一塁へ走る作新・坂寄=県営球場

優勝した作新

延長11回、1死三塁で勝ち越しの中前適時打を放ち、一塁へ走る作新・坂寄=県営球場 優勝した作新

 第69回春季関東高校軟式野球大会最終日は2日、県営球場で決勝を行い、本県1位の作新学院は延長十一回の熱戦の末、桐蔭学園(神奈川1位)を2-1で破り2014年以来、6大会ぶり18度目の優勝を飾った。

 作新学院は初回、2死三塁で坂寄智礎(さかよりさとき)の中前適時打で先制。しかし四回、県予選から46イニング連続無失点だった小林歩夢(こばやしあゆむ)が、相手打線に連打を浴び追い付かれた。

 その後は得点できず、1-1のまま迎えた延長十一回、1死三塁で坂寄が勝ち越しの中前適時打を放ち、接戦を制した。