4アンダー68で優勝した後藤貴浩(宇都宮)の10番ティーショット=塩原CC

 第32回県アマチュアゴルフ選手権大会(県ゴルフ連盟、下野新聞社主催)は5日、那須塩原市の塩原CC(6886ヤード、パー72)で決勝を行い、後藤貴浩(ごとうたかひろ)(宇都宮)が4アンダー、68で7年ぶり2度目の栄冠を手にした。

 降りしきる雨の中で行われた決勝大会には、ブロック予選と準決勝を突破した132選手が出場した。インスタートの後藤は、好調なショットを武器にバーディーを量産。前半を3バーディー、ノーボギーの33で折り返すと、後半も3バーディー、2ボギーの35にまとめ、唯一のアンダーパーをマークした。

 4打差の2位には、金沢太竜(かなざわたいりゅう)(宇都宮)、さらに1打差の3位には、大会規定により早乙女(そうとめ)剛史(たけし)(佐野)が入った。