野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は2日、小山運動公園野球場で茨城と対戦し、3-4で競り負けた。通算成績は10勝3分12敗で順位は3位に後退した。

 栃木GBは二回1死三塁から川崎宗則の右犠飛で先制したが、直後に先発の村中恭兵が右中間に満塁本塁打を浴びた。打線は九回無死満塁から、大坪亮介と代打・叺田本気の内野ゴロの間に2得点。1点差まで詰め寄ったが逆転はならなかった。

 次戦は5日午後1時から新潟県の新潟市みどりと森の運動公園野球場で新潟と対戦する。