さくら市長選と塩谷町議選は16日朝、投票が始まった。いずれも午後8時までで、即日開票され深夜に大勢が判明する。

 さくら市長選には、いずれも無所属新人で、前県議の花塚隆志(はなつかたかし)氏(57)=自民、公明推薦=と前さくら市議の桜井秀美(さくらいひでみ)氏(63)が立候補し、激しい選挙戦を展開してきた。

 投票は市内22カ所で行われており、午後9時から同市櫻野の氏家公民館で開票される。大勢判明は同10時ごろの見通し。

 塩谷町議選は、定数12に対し22人が立候補、指定廃棄物処分場問題など町政への関心の高まりから、激しい戦いとなっている。

 投票は町内9カ所で行われており、午後9時から同町飯岡の塩谷中屋内運動場アリーナで開票される。当選者確定は同11時半ごろとみられる。