川俣純子氏

 11月5日の任期満了に伴い10月17日告示、同24日投開票で行われる那須烏山市長選で、現職の川俣純子氏(60)=同市旭2丁目=は2日、定例市議会一般質問で「本庁舎整備をはじめ道半ばの取り組みも多く、じくじたる思い」とした上で、「私自身の手で成し遂げたい気持ちがある。もう一度チャンスをいただき、川俣市政2期目に挑戦する決意を固めた」と語り、再選に向け立候補を表明した。滝口貴史氏が質問した。

 川俣氏は歯科医で、2010年4月の同市議選で初当選。2期目途中で辞職し、17年10月の前回市長選に立候補した。旧南那須町長1期を経て合併後の那須烏山市長3期目だった当時現職の大谷範雄氏が立候補を見送る中、元学習塾講師の男性候補者との一騎打ちを制し初当選した。日本歯科大卒。