千葉に敗れ、手を振りながらコートを後にする宇都宮の選手たち=1日、横浜アリーナ(代表撮影)

第1クオーター、シュートを決めるブレックスのテーブス海(右)=1日、横浜アリーナ(代表撮影)

第1クオーター、競り合う千葉・エドワーズ(左)とブレックス・鵤=1日、横浜アリーナ(代表撮影)

千葉に敗れ、手を振りながらコートを後にする宇都宮の選手たち=1日、横浜アリーナ(代表撮影) 第1クオーター、シュートを決めるブレックスのテーブス海(右)=1日、横浜アリーナ(代表撮影) 第1クオーター、競り合う千葉・エドワーズ(左)とブレックス・鵤=1日、横浜アリーナ(代表撮影)

 バスケットボールBリーグの年間王者を決めるチャンピオンシップ決勝は1日、横浜アリーナで最終第3戦が行われ、宇都宮ブレックス(東地区1位)が62-71で千葉(同2位)に競り負け、4季ぶりの王座はならなかった。千葉は初優勝。MVPは千葉のセバスチャン・サイズが受賞した。

 ブレックスは第1クオーター、LJ・ピークが先制し、鵤誠司、ピークのバスケットカウントなど積極的にアタック。一方で4本の3点シュートを許し18-21。第2クオーターは立ち上がりに連続7失点で一時ビハインドは10点に広がったが、ライアン・ロシター、遠藤祐亮の連続3点シュートで持ちこたえ、比江島慎の3点シュートで加点し35-35で試合を折り返した。

 第3クオーターは両者譲らず。ロシターの速攻など連続6得点の後に連続8失点を喫しリードを許したが、終盤に遠藤が2本の3点シュートを決めて50-50。第4クオーターは厳しい守備を展開しても、苦しい態勢のシュートを決められるなどしてファウルもかさんだ。残り5分で1点差の接戦だったが、残り27秒で相手フリースローによりビハインドが7点になり、万事休した。