教員の手ほどきでスイスチャードを収穫する生徒たち

 【那珂川】馬頭高は31日、同校農場で西洋野菜「スイスチャード」などを収穫した。スイスチャードはホウレンソウの仲間。同校は新たな特産品として町内で露地栽培ができることを実証し、地域の農業活性化に貢献したい考え。

 同校は2019年度から普通科の選択授業「農業と環境」で、コールラビやカーボロネロといった珍しい野菜を栽培している。生徒に町の主要産業である農業へ目を向けてもらい、古里で活躍する人材を育てるのが主な目的だ。