【鹿沼】市は31日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場を6~7月に臨時で3カ所追加すると発表した。

 現在は酒野谷の高齢者・障がい者トレーニングセンター1カ所で集団接種を行っている。市はメインとする個別接種と併せ、集団接種枠拡大によって「高齢者への7月中の接種完了」をより確実にしたい考え。

 新設する会場は、菊沢・粟野の両コミュニティセンターと下石川のTKCいちごアリーナ(鹿沼総合体育館)。市健康課は「会場設定は地域性を考慮した。接種機会も選択肢も増え、市民がより接種を受けやすくなるのではないか」と話している。

 両コミュニティセンターは6月19、20日に1回目、7月10、11日に2回目の接種を予定する。同アリーナは7月3~6日に1回目、同24~27日に2回目を行う。いずれも午前9時~午後5時。接種対象は65歳以上で、1日当たりの接種枠は両コミュニティセンターが450人、同アリーナが900人。

 市の集団接種は5月19日から75歳以上を対象に1日156人のペースで進んでおり、6月1日に65歳以上の予約受け付けが電話とインターネットで始まる。