【佐野】市は31日、新型コロナウイルスワクチン接種の予約申し込みが対象者(75歳以上)約1万8千人の約8割に達したと発表した。予約キャンセル分については、消防署員や学校職員などに回す方針も明らかにした。

 かかりつけ医などの個別接種で約1万2千人、集団接種で約3千人が申し込んだ。予約が始まった5月17日から3日間は「電話がつながらない」などの相談が計634件あったが、大きなトラブルには発展しなかったという。30日現在、1回目の接種は個別、集団合わせて約4300人が完了している。

 今月7日には65歳以上74歳以下の予約が始まる。市の担当者は「電話回線には限りがある。24時間受け付け可能なインターネットでの予約もうまく活用してほしい」と呼び掛けている。

 予約キャンセル分は、既に市消防署員72人に接種。今後は警察、学校、保育所などの職員に回していくという。