最終戦の爆発に期待がかかるブレックスの比江島(右)=30日、横浜アリーナ(B.LEAGUE提供)

 プロバスケットボールBリーグの年間王者を決めるチャンピオンシップ(CS)決勝は1日午後7時5分から、横浜市の横浜アリーナで第3戦を行い、1勝1敗で並んだ宇都宮ブレックス(東地区1位)と千葉(同2位)が激突する。CSは2戦先勝方式で、ブレックスが勝てば4季ぶり2度目、千葉は初優勝となる。

 ブレックスは29日の第1戦を65-85で落としたが、30日の第2戦は83-59で圧勝。持ち前の堅守に攻撃もかみ合い、上り調子で最終第3戦に挑む。

 ブレックスを応援しようと、宇都宮市江野町の「オリオンスクエア」は1日、同所の大型映像装置を使ってパブリックビューイングを開く。午後6時から受け付けを開始し、先着300人に達し次第締め切る。新型コロナ感染対策で声を出しての応援や鳴り物の使用はできない。