» 動画ページへ

水面を彩るスイレンの花=30日午前10時55分、宇都宮市今里町

 梅雨入りを前に宇都宮市今里町の「猿沢の池」でスイレンが見頃を迎え、白や淡い赤紫のかれんな花が水面を鮮やかに彩っている。

 東北自動車道上河内スマートインターチェンジ(下り)につながる県道沿いにあり、地域住民でつくる「今里水と緑を守るみんなの会」が管理。約500平方メートルの池には木道も整備されている。

 同会の手塚章夫(てつかあきお)会長(78)によると、今年は例年より1週間ほど早く開花。30日は雨が降ったりやんだりの天気だったが、近くを通る人々が足を止めて見入ったり、写真に収める家族連れらが見られた。

 手塚会長は「自由に散策もできるので、花を楽しみながら心を落ち着かせてもらえれば」と話している。