うつのみや花火大会、関係者50人が「キックオフ」

 【宇都宮】「2017うつのみや花火大会」(NPO法人うつのみや百年花火主催)の大会関係者らによる決起集会「キックオフ大会」がこのほど、市役所で開かれ、約50人が参加した。

 11回目の今年は「幸せ」をテーマに、8月12日に鬼怒川河川敷の市道場宿緑地で開催されることが決まっている。今大会の平井万紀雄(ひらいまきお)会長は「日本一安全で楽しい、幸せな花火大会になることを誓いたい」と抱負を語った。