» 動画ページへ

火災現場で消火活動に当たる消防隊員や消防団員=29日午後4時55分、益子町七井

 29日午後4時10分ごろ、益子町七井、会社員男性(55)方から火が出ているのに気付いた近所の男性が119番した。芳賀地区広域行政事務組合消防本部によると、木造2階建て母屋と木造平屋納屋の2棟、計約160平方メートルを全焼した。

 真岡署によると、男性は消火しようとした際、左膝にやけどを負ったが、命に別条はない。同署が原因や焼失面積を調べている。