野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は29日、茨城県龍ケ崎市の市野球場たつのこスタジアムで茨城と対戦し、1-1で引き分けた。通算成績は10勝3分け10敗で順位は2位のまま。

 栃木GBは六回2死三塁から叺田本気(かますだもとき)の左前適時打で先制。守っては先発内林瑞貴(うちばやしみずき)が要所を締め、6回を4安打無失点。七、八回も継投で無失点に抑えたが、九回に抑えの手塚俊二(てづかしゅんじ)が満塁から犠飛を打たれ追い付かれた。

 次戦は30日午後1時から、さいたま市の県営大宮公園野球場で埼玉と対戦する。