3万株のスイセン見頃 宇都宮・梵天の湯

 【宇都宮】今里町の市上河内地域交流館「ほたるの里 梵天(ぼんてん)の湯」北側で、スイセンとオキナグサが見頃を迎えている。

 かみかわち温泉振興会(堀武夫(ほりたけお)代表)が、来館者に楽しんでもらおうと育てた。

 御用川沿い約300メートルに、ラッパスイセンなど10種類約3万株、絶滅危惧種のオキナグサ約300株がかれんな花を咲かせている。

 堀代表は「スイセンは遅咲きの品種もあるので、今月下旬まで楽しめます」と話している。