【宇都宮】市教委が今年初めて実施する小学生を対象としたイングリッシュキャンプへの応募が、6月29日の締め切りまでに定員の50人を大幅に上回る337人分あった。参加者は市教委が抽選で決め、6日から当落を通知する。市教委は「英語学習への保護者や子どもたちの関心の高さを改めて実感した」としている。

 イングリッシュキャンプは、ALT(外国語指導助手)と生活することで、英語や外国人に慣れ親しむことが目的。30、31の両日、篠井町の市冒険活動センターで実施する。児童とALTで班を作り、ウオークラリーや木などを使った工作などの活動を、英語でコミュニケーションを取りながら楽しむ。