早朝にトレーラーで運ばれるLRTの車両=27日午前4時15分、宇都宮市平出工業団地

3両が連結されたLRTの車両=27日午後3時25分、宇都宮市下平出町(代表撮影)

早朝にトレーラーで運ばれるLRTの車両=27日午前4時15分、宇都宮市平出工業団地 3両が連結されたLRTの車両=27日午後3時25分、宇都宮市下平出町(代表撮影)

 次世代型路面電車(LRT)の車両が27日、整備事業を進める宇都宮市に初めて入った。混乱を避けるため出発日時や輸送ルートは事前に公表されなかったが、沿道には鉄道ファンの姿も。「これが走るんだ」「やっと来た」。姿を現した「ライトライン」(愛称)。開業に向け期待が高まる一方、「成功させないといけない。気は抜けない」と市関係者は緊張感を高めた。

 まだ薄暗い午前4時半ごろ、トレーラーに載せられた最初の1両が同市下平出町の車両基地に到着。続いて2、3両目も誘導されながら基地に入った。