4月に大渋滞が発生した西駐車場。23日は栃木SCが貸し切り満車となったが出庫もスムーズだった=宇都宮市西川田3丁目

 宇都宮市の栃木県総合運動公園駐車場内で4月のJ2栃木SC戦後に大渋滞が発生した問題で、県と栃木SCの試行錯誤が続いている。今月の試合当日は栃木SCが一般駐車場の一部を観戦者用として貸し切り、混雑緩和に一定の効果が見られた。一方で貸切駐車場の料金の高さや、試合会場のカンセキスタジアムとちぎ(陸上競技場)からの距離など、利用者からはさらなる改善を求める声も上がっている。

 渋滞発生後最初の同スタジアム開催となった5日の北九州戦。県と栃木SCなどは会場まで徒歩で約10分の南第2駐車場(270台収容)を観戦者専用に設定。栃木SCが運用し、1台千円の駐車券を事前販売した。