【大田原】「いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会」で相撲競技の会場となる市は26日、相撲のリハーサル大会として8月22日に県北体育館で予定していた「第60回全国教職員相撲選手権大会」の開催を中止すると、発表した。

 市や日本相撲連盟などが主催する成年男子の団体戦と個人戦の大会。26都府県から選手約100人が出場し、市は約340人態勢で運営に当たる計画だった。

 出場予定の8都府県が国の緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の対象地域であることや、感染した出場教職員からの学校現場への二次感染の恐れなどを考慮し、中止を決めた。