来月に本格オープンする日本クリケット協会の新事務所兼ティールーム。後方は旧田沼高校舎

 【佐野】日本クリケット協会が栃本町の市国際クリケット場に整備していた新事務所が完成し、来月26日にオープニングセレモニーが行われる。紅茶やスコーンなどの英国流軽食を提供するティールームを設け、ウッドデッキでは飲食しながら試合観戦を楽しめる。宮地直樹(みやじなおき)事務局長は「クリケットだけでなく、さまざまな目的でここに来る人たちが交流しつながる場になれば」と話している。

 事務所はグランドの北側の敷地を市から借りて設けられ、広さは約30平方メートル。クリケット場が開発行為が制限される市街化調整区域にあるため、トレーラーハウスを活用した。

 事務所内はしっくいが塗られ、紅茶などを提供するキッチンや利用者がくつろぐソファも備えられた。軽食メニューは当面、市内のパン店と連携しスコーンやマフィンなどを予定。スタッフは「徐々に、クリケットの本場である英国らしいメニューを増やしていければ」としている。