野木町が公式HP一新 防災情報など強化、4月からSNS運用も

 【野木】町は28日までに、5年ぶりに公式ホームページをリニューアルした。トップページのデザインを一新するなど利用者の分かり易さを重視した。

 トップページには町の花「ヒマワリ」や国指定重要文化財「野木町煉瓦(れんが)窯」など町内で撮影した季節の風景、イベントなどの写真を背景にした。利用者が知りたい情報に早くたどり着けるよう、町の情報を「くらし」「観光」「町政」の3大項目に分けたメニューバーを設置して情報を整理。町防災たよりと連携した「防災情報」も配置した。

 「観光」のページでは町のイラストマップを表示。気球が空に浮かんでいたり、電車が通ったりなど動きのあるイラストを使うことで視覚的に楽しく、町内の観光資源を分かりやすく紹介している。

 また町は4月から会員制交流サイトの「ツイッター」と「フェイスブック」の運用を本格的に始める。