守備の連係を確認する松本ら全足利クラブの選手たち=足利市内

大会に向け練習に汗を流す松本ら全足利クラブの選手たち=足利市内

守備の連係を確認する松本ら全足利クラブの選手たち=足利市内 大会に向け練習に汗を流す松本ら全足利クラブの選手たち=足利市内

 硬式野球の第45回全日本クラブ選手権大会は29日、岐阜県長良川球場ほかで1回戦8試合を行い開幕、本県の全足利クラブは午前11時から同会場で久慈クラブ(岩手)と対戦する。大会は新型コロナウイルスの影響で2年ぶりに開催。足利市制100周年の節目に、全足利が17年ぶりの優勝を目指す。

 岐阜県からの要請で関係者以外は入場できない無観客で実施。シートノックや球場外でのキャッチボールが認められないなど異例の措置の中での大会となる。