特別指定選手としてJ1川崎入団が内定した矢板中央高出の松井(左)=2018年の全国高校選手権

 2017-18年の第96回全国高校サッカー選手権大会で矢板中央を8年ぶり2度目の4強入りに貢献したMF松井蓮之(まついれんじ)(21)=178センチ、73キロ、法大4年=が、現在J1を独走する川崎の特別指定選手に選ばれた。大学チームに所属したまま強豪クラブへ加入することになり、「覚悟はできている。強いチームだからこそ、それに見合った実力を身に付けないと」と気を吐いている。

 福島県出身で「足元の技術を磨きたい」と、全国屈指の強豪校・矢板中央高へ越境入学した松井。3年時には対人に強い不動のボランチとして、攻守に活躍した。ただ3年間で身に付けたのは高い技術だけでなく、「高橋(たかはし)(健二(けんじ))監督から学んだサッカーに対する熱い気持ちは今も役に立っている」と話す。