小山市の年齢別ワクチン予約開始日

 【小山】市は24日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種の予約受け付けを来月2日から再開すると発表した。4月の先行予約受け付けが5分で終了するなどして混乱した反省から、対象者を絞り込むため年齢別に予約日を設定し、コールセンターの回線を増やすなどした。同日記者会見した浅野正富(あさのまさとみ)市長は「混乱なく安心して接種できる態勢を組んだ」としている。

 対象者は65歳以上の高齢者で、先行接種済みの975人を除く約4万3千人。市は25日から年齢の高い順に順次、予約方法などを示した案内文書を郵送する。集団接種は6月16日から8会場を使用し、1日2会場で実施する。

 集団接種の予約方法はコールセンターへの電話とインターネットで受け付け、予約枠はそれぞれ定員の半分ずつとした。年齢の高い順に対象者を10区分して予約日を設定している。指定の予約開始日以降はいつでも予約できる。前回よりもコールセンターの電話番号は一つから三つに増え、回線数は8から16に倍増した。

 定期的に市内の医療機関を受診していれば、その際に個別接種を受けることができる。市内の約70医療機関で準備しており、整ったところから今週中にも始まる。通常診療に支障が及ぶことから電話予約はできない。希望者は受診時に申し込む必要がある。新小山市民病院は集団接種の救急対応を担うことから、個別接種は実施しない。高齢者施設などでの入所者への接種は、6月以降に行われる。

 政府は65歳以上の全高齢者の接種を7月末までに終わらせるとしている。市は8月以降も集団接種の予定を組んでいるが、7月中にはおおかたが接種終了すると見込んでいる。