【益子】町は新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた町民に対し、町内の店舗などで使える1回当たり1枚千円分の「地域通貨」を配布している。集団免疫を獲得するため、より多くの町民へ接種を促すきっかけにすることや新型コロナ禍で苦しむ町内の事業者を支援する狙いがある。

 地域通貨は町の集団接種会場で接種を受けた人にその場で手渡している。1人当たり2回接種を行うが1回ごとに千円分を配るため、2回受けると計2千円分となる。町内の200店以上で使用できる。

 予算は2800万円で1万4千人分。インフルエンザのワクチンの接種率を踏まえ、町民の7割が接種すると想定した。財源は国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を充てたという。