県内各市町が進める新型コロナウイルスワクチンの高齢者接種を円滑に進めるため、福田富一知事は24日、県営の大規模接種会場の開設を検討していることを明らかにした。国が掲げる7月末までの接種完了が困難な市町を主に対象とする。開設時期や接種会場などは未定。今後、医療従事者の確保や会場の選定に向け、関係機関と協議を進めるという。

 同日、オンラインで開かれた市町村長会議で福田知事が明らかにした。