足大付の葛生がクロスにフォアハンドを決める=県総合運動公園テニスコート

足大付の葛生がクロスにフォアハンドを決める=県総合運動公園テニスコート

女子シングルス決勝 海星女の大纏がバックショットで攻める=県総合運動公園テニスコート

女子シングルス決勝 海星女の大纏がバックショットで攻める=県総合運動公園テニスコート

女子シングルス優勝の大纏三奈(海星女)

男子ダブルス優勝の麦倉・亀井組(文星付)

女子ダブルス優勝の岩田・草野組(作新)

足大付の葛生がクロスにフォアハンドを決める=県総合運動公園テニスコート 足大付の葛生がクロスにフォアハンドを決める=県総合運動公園テニスコート 女子シングルス決勝 海星女の大纏がバックショットで攻める=県総合運動公園テニスコート 女子シングルス決勝 海星女の大纏がバックショットで攻める=県総合運動公園テニスコート 女子シングルス優勝の大纏三奈(海星女) 男子ダブルス優勝の麦倉・亀井組(文星付) 女子ダブルス優勝の岩田・草野組(作新)

 全国高校総体(インターハイ)テニス県予選は22、23の両日、県総合運動公園テニスコートで男女のシングルスとダブルスを行い、男子シングルスは葛生哉汰(くずうかなた)(足利大付)が初めて頂点に立ち、女子は県総体に続き大纏三奈(おおまといみな)(宇都宮海星女学院)が女王の座に就いた。

 男子ダブルスは麦倉豪(むぎくらたける)・亀井泰造(かめいたいぞう)組(文星芸大付)、女子は岩田真彩(いわたまあや)・草野萌々香(くさのももか)組(作新学院)と県総体の優勝ペアが再び栄冠を手にした。

 昨年は新型コロナウイルスの影響で夏のインターハイが中止となり、それに伴って県予選も開催されなかった。冬季競技を除いて2年ぶりの大会実施となった。

 男女シングルスの上位2人、男子ダブルス上位2ペアと女子の優勝ペアは8月2~8日、長野県松本市で行われるインターハイに出場する。