後半39分、2点目のゴールを決め、サポーターに向かって拳を突き上げる栃木SC・柳=カンセキスタジアム

後半23分、栃木SCの矢野がヘディングシュートを放つも阻まれる=カンセキスタジアム

前半4分、先制ゴールを決めて喜ぶ栃木SCの柳(中央)=カンセキスタジアム

後半39分、2点目のゴールを決め、サポーターに向かって拳を突き上げる栃木SC・柳=カンセキスタジアム 後半23分、栃木SCの矢野がヘディングシュートを放つも阻まれる=カンセキスタジアム 前半4分、先制ゴールを決めて喜ぶ栃木SCの柳(中央)=カンセキスタジアム

 サッカーJ2第15節は23日、各地で8試合を行い、栃木SCは宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎで松本と対戦、今季最多の3得点を挙げて3-0で勝利した。9試合ぶりの白星で無失点は7試合ぶり。通算成績は4勝5分6敗の勝ち点17で順位は16位。

 栃木SCは布陣を前節の3バックから4バックに変更。先発を2人入れ替え、MF山本廉(やまもとれん)と、21日に加入が発表されたばかりのDF三国(みくに)ケネディエブスが起用された。前半4分にCKのサインプレーからDF柳育崇(やなぎやすたか)が頭で決めて先制。その後は全体的に積極的な守備で主導権を奪い、何度もカウンター攻撃を仕掛けた。

 後半も守備で積極的な姿勢を失わず、松本のミスを何度か誘っては好機を演出。26分にMF松岡瑠夢(まつおかりむ)のミドルシュートの跳ね返りをMF森俊貴(もりとしき)が右足でダイレクトに振り抜き追加点。攻守とも運動量は終盤まで落ちず、39分にMF菊池大介(きくちだいすけ)の蹴った右CKを再び柳が頭で合わせて勝利を決定づけた。

 栃木SCの次節は29日午後2時から、前橋市の正田醤油スタジアム群馬で群馬と対戦する。