オンラインでしもつかれビスコッティを試食する参加者ら

 【栃木】しもつかれを世界に誇れる栃木の郷土料理にしようと活動する「しもつかれブランド会議」などは23日、国内外在住の県出身者らを招き、独自開発した焼き菓子「しもつかれビスコッティ」のオンライン試食会を開いた。同会議代表の青柳徹(あおやぎとおる)さん(44)は「しもつかれを通して外国人に日本や栃木に興味を持ってもらいたい」と話した。

 同会議は、苦手意識を持つ人が多いしもつかれに新しい価値観を生み出そうと2018年に市民が中心となって設立。現在メンバーは29人で、アレンジレシピ考案、ファッションブランドの立ち上げなど、さまざまなチャレンジを続けている。