初回に白鴎大の先発・曽谷(左)が3連打を浴び、マウンドに集まる捕手の角田(22)と藤倉監督=上武大野球場

6失点完投した白鴎大の先発・曽谷=上武大野球場

初回に白鴎大の先発・曽谷(左)が3連打を浴び、マウンドに集まる捕手の角田(22)と藤倉監督=上武大野球場 6失点完投した白鴎大の先発・曽谷=上武大野球場

 関甲新学生野球春季1部リーグ最終節は22日、群馬県伊勢崎市の上武大野球場で1回戦2試合を行い、白鴎大は1-6で首位の上武大に敗れ、優勝の可能性が消えた。8勝5敗で3位タイ。上武大は11勝2敗で優勝を決めた。作新学院大-新潟医療福祉大は雨天中止となった。

 白鴎大は、先発曽谷龍平(そたにりゅうへい)(秋・明桜)が9回6失点。初回に長短4連打で2点の先制を許すと、二回にはソロ本塁打を浴びた。五回からの3イニングは三者凡退に打ち取ったが、九回に2点本塁打でリードを広げられた。

 打線は散発5安打と沈黙。4点を追う四回、角田康生(かくたこうせい)(神・横浜)の適時二塁打で1点を返し、なおも2死二、三塁としたが後続が倒れた。五回以降は無得点と抑え込まれた。

 優勝した上武大は6月7日から、都内で行われる第70回全日本大学野球選手権記念大会に出場する。