第2クオーター終了間際の得点に盛り上がる観客ら=22日午後7時20分、ブレックスアリーナ宇都宮

会場を盛り上げたブレックスのファンら=22日午後8時、ブレックスアリーナ宇都宮

第2クオーター終了間際の得点に盛り上がる観客ら=22日午後7時20分、ブレックスアリーナ宇都宮 会場を盛り上げたブレックスのファンら=22日午後8時、ブレックスアリーナ宇都宮

 宿敵を打ち破り、チームとファンが最高の瞬間を共有した。ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で22日に行われたバスケットボールBリーグのチャンピオンシップ準決勝第2戦。宇都宮ブレックスが川崎を下して決勝進出を決めると、2190人で黄色く染まった館内は大きな拍手で揺れた。

 勝てば4季ぶり2度目の決勝進出が決まる大一番。館内の電光掲示板では試合前、ツイッターで募った応援メッセージが流された。コロナ禍で声援ができない中、ファンは「ホーム2連勝で約束の地、横浜へ!」など文字でエール。妹とゴール裏席に座った宇都宮市、保育士福田朱理(ふくだあかり)さん(29)は「昨日も会場の一体感で負ける気がしなかった。全身を使って120パーセントで応援する」と気合十分だった。