【宇都宮】高齢者対象の新型コロナウイルスワクチン接種予約について、市は24日から市役所1階の「保健と福祉の相談窓口」と市内4カ所の地区市民センター(平石、富屋、姿川、河内)で、インターネットによる予約支援を行う。またコールセンターの予約専用電話を、現在の35回線から50回線へ順次増設する。

 予約は接種券を受け取った高齢者を対象に、インターネットの予約サイトまたはコールセンターの電話で受け付けている。しかしネット予約が難しい高齢者が多く、電話もつながりにくくいとして、支援強化を求める声が市に相次いでいた。

 ネット予約の支援は6月末までの平日に実施する。高齢者本人のスマートフォンや、窓口に備え付けのタブレット端末を使って窓口の職員が対応する。電話回線の増設は「できるだけ早期に対応したい」としている。

 市は21日、65~69歳の高齢者に接種券を発送した。24日以降は新たに3万5千人分の予約を受け付ける。