県と県内市町が2017年度に受け付けた移住に関する相談は計2956件で、前年度より977件(49%)増えたことが4日までに、県地域振興課のまとめで分かった。このうち市町に寄せられた相談は前年度比947件(74%)増の2227件で、専門のサポートセンターを設けるなど積極的な移住対策を実施する市町への相談が多いのが特徴だ。