中村監督(右)が見守る中、守備練習に汗を流すFW吉田(中央)ら栃木シティFCの選手たち=栃木市内

 サッカーの第101回天皇杯全日本選手権は22日に開幕し、各地で1回戦12試合を行う。3年連続12度目の出場を果たした栃木シティFC(関東1部)は午後1時から、県グリーンスタジアムで山梨学院大ペガサス(山梨)と対戦。リーグ戦で2位に付ける好調ぶりをそのままに、4年ぶりの1回戦突破を狙う。

 チームの持ち味は「球際の強さ」と話す中村敦(なかむらあつし)監督。4-4-2を基本システムに据え、守備でリズムをつくり、攻撃へ素早く切り替えるサッカーを展開する。