高校最大の芸術文化の祭典「第45回全国高校総合文化祭和歌山大会」(紀の国わかやま総文2021)が今夏、和歌山県で開かれる。本県代表は20日までに決定、18部門に団体や個人で計約250人が参加する予定となっている。

 昨年の高知大会は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、インターネット上での開催となった。今年の和歌山大会は20日時点で、2年ぶりの現地開催に向け、感染予防対策を含め準備が進められている。