宇都宮市内のコンビニで会計を終えた男性が、持参したレジ袋に商品を詰め始めた。見れば袋には別の系列店のロゴマークがプリントされているのだが、男性も店員も気にする様子はない。今や当たり前になったのか▼レジ袋が有料化されて間もなく1年になる。エコバッグなどを使い、会計時に受け取る人は見た目にも減った。「繰り返し使えます」と表示され、再利用を促している袋もある▼一方で有料化後、量販店などでは大小さまざま、数十枚単位で売られるレジ袋状の袋の品ぞろえの豊富さが目立つようになった。気になっていたのだが、結構売れているようだ▼レジ袋の用途は広い。ごみ袋にする、ぬれた物を持ち運ぶ、食品を保存する…。サイズが手頃で、持ち手部分が結びやすいという長所もある▼確かに便利ではある。では有料化の目的であるプラスチックごみ削減はどうなるのか。買い物時にもらわない分とまとめて購入する分、差し引きの使用量はどのくらいになるのだろう。もう一つ気になるのは、ごみ収集の手間である▼自治体によってはレジ袋をごみ袋として使える。こまめに収集所に出したい気持ちも分かる。だが、ごみの入った小さな袋をかき集める収集作業員の姿に、まとめて出してあげれば、と思ってしまう。作業時間短縮にも有効なはずなのだが。