2018年度予算案をめぐり、衆院で与野党の攻防がヤマ場となった28日、本県選出の与党議員は「本来の予算審議がされず残念」などの反応を示した。一方、本会議で予算案に反対討論した野党議員は裁量労働制の不適切データ問題などを挙げ「国民に対して無責任」と批判した。

 同日午前中の予算委から審議に臨んでいた茂木敏充(もてぎとしみつ)経済再生担当相は「日本が直面している少子高齢化という大きな壁を乗り越え、景気回復をより確かなものとするため必要不可欠な予算、税制」とコメントした。

 自民党の佐藤勉(さとうつとむ)衆院議員は「厚労省の統計ミスは言い訳のできないものだったが、予算委とは別の場で議論すべきこと。野党は本来の予算審議の原点に立ち返るべきだった」と野党の手法について非難した。

 一方、同日夜の本会議で、予算案に対する反対討論を行った民進党幹事長代理の福田昭夫(ふくだあきお)衆院議員は、野党6会派が提出した組み替え動議案について「国民の政治への信頼を取り戻すべく、裁量労働についての全般的な再調査などの経費も盛り込んだ」と主張。政府予算案は「欠陥が明らかになるだけではなく、さまざまな問題や疑惑が浮上した」と批判した。