» 動画ページへ

収穫期を迎えた「塩原かぶ」=20日午前5時45分、那須塩原市中塩原

 栃木県那須塩原市塩原地区で「塩原かぶ」の収穫が最盛期を迎えている。

 塩原かぶは標高約600~700メートルの高地で栽培される。昼夜の寒暖差がみずみずしさと甘さを際立たせ「トロかぶ」とも呼ばれる。

 同市中塩原、小山吉信(こやまよしのぶ)さん(69)方は5月上旬に初収穫を迎えた。20日は夜明け前の早朝から収穫と選別、洗浄などの出荷作業を手際よくこなしていった。小山さんは「5月初めに降ひょうがあり心配したが、順調に生育した」と話した。

 塩原温泉観光協会では、同温泉街でカブを使った料理を楽しめる「ウェルかぶ塩原キャンペーン」を6月末まで展開している。