新型コロナウイルスの拡大で、2022年10月に本県で開催される「いちご一会とちぎ国体」の準備に影響が出ている。メイン会場となる総合スポーツゾーンをはじめ各市町の競技会場計77カ所で施設整備がほぼ完了した一方、今月から予定していたリハーサル大会では2競技が中止に。全国でコロナの感染状況が不透明な中、大会の規模縮小などの見直しが迫られる可能性もある。

 競技会場のうち新設するのは8カ所、改修が必要なのは41カ所で、ほとんどの整備は終えているという。通常であれば、これまでの開催県の実績などを参考に、すでに具体的な準備の見通しが付いている時期だ。