川崎戦に向けて練習に汗を流すブレックスの選手たち=ブレックスアリーナ宇都宮

 宇都宮ブレックスのポイントガード鵤誠司(いかるがせいじ)が「渋い活躍」でチームを下支えしている。先週末のSR渋谷とのチャンピオンシップ(CS)準々決勝では、要所でのアシストやスチールでチームの準決勝進出に貢献。不動の司令塔が極限の戦いの中で存在感を強めている。

 大勝した15日の第2戦で真骨頂を見せた。10点差をつけて迎えた第3クオーター開始直後の攻撃。相手は意表を突くダブルチームでボール奪いに来たが、これを鵤は冷静に突破。フリーでパスを受けたLJ・ピークが3点シュートを沈め、猛攻のスイッチを入れた。