【那須塩原】渡辺美知太郎(わたなべみちたろう)市長は19日の定例記者会見で、一般高齢者対象の新型コロナウイルスワクチンの集団接種枠を6月から拡大する考えを明らかにした。平日3日間は1日当たり360人から450人に、日曜日は1080人から1350人に増やす。予約は、新たに開始する個別接種と同様6月上旬から受け付け始め、集団か個別かを選択できるようにする。

 9日に始まった集団接種は、23日からは3会場で週4日ペースで実施する。その上で現在の態勢で接種人数に余裕があることに加え、国が求める「7月中の接種完了」を確実に達成するため接種枠を増やす。接種時間と会場は変わらない。

 6日の集団接種予約開始日は、初日で予約上限の8040人分が埋まり、市民から「電話がつながらない」などの苦情が寄せられた。市は次回の予約開始日に備えて電話回線を10回線から20回線に増やすとともに、インターネット予約を促進するため、各公民館に職員を派遣して申し込み手続きを支援する方針も示した。