【足利】市は18日、75歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチン第1期接種の予約期間を7月17日まで再延長し、予約枠を5520人分増やして計1万9720人にすると発表した。追加分の予約枠は19日午前8時半からウェブで受け付ける。また同日、接種会場への移動手段を確保するため、75歳以上の高齢者のみの世帯(約1万5千人)にタクシー券を送付した。

 市によると、35回線で対応中の電話予約は依然つながりにくく、市民から不安の声が寄せられている。予約手段が電話しかない市民がつながりやすくなるよう、追加分の予約枠はウェブのみで受け付けるという。

 一方、タクシー券は対象者1人当たり4枚送付した。2回の接種で自宅と会場を往復する際、市内のタクシー7社と、福祉タクシー協力4社で利用できる。

 第1期接種の予約は、14日午前8時半からウェブと電話で受け付け、16日までに当初予約枠の9400人分が埋まった。市は15日に4800人分を追加し、17日から7月3日まで延長して電話予約を受け付けている。18日までに1万2733人が予約した。