3人制バスケットボールの宇都宮ブレックスは18日、2021年シーズンの所属選手7人を発表した。昨季に引き続き東京五輪代表候補の小林大祐(こばやしだいすけ)(33)、斉藤洋介(さいとうようすけ)(36)らが名を連ねたほか、新たにU23代表候補の小澤崚(おざわりょう)(22)が加入した。

 小澤は茨城県出身の178センチ、78キロ。昨季までアルボラーダ(茨城)に所属した。また木村嗣人(きむらつぐと)(26)も新加入。神奈川県出身の180センチ、80キロ。WILL(東京)からの派遣で、今月22日に開幕する「3x3.EXE PREMIER大会」にのみ参加する。

 この他、ドゥサン・ポポビッチ(26)飯島康夫(いいじまやすお)(32)真庭城聖(まにわじょうせい)(34)は今季もブレックスでプレーすることになった。