東京証券取引所は18日、取引時間延長を検討するワーキンググループを設置すると発表した。海外の主要市場と比べ取引時間が短いとの指摘があり、10月をめどに議論の結果を取りまとめる。