「強いだけじゃ意味がない」と指導への考えを語る海老沼HC=都内

 誰もが認める努力の柔道家が潔く畳を下りた。男子66キロ級で元世界王者の海老沼匡(えびぬままさし)さん(31)=小山市出身=が現役引退し、所属するパーク24のヘッドコーチ(HC)に就任。17日までに下野新聞社の取材に応じ「人間的に素晴らしい選手を多く育てたい。厳しく熱く指導していく」と今後の指導者人生の決意などを語った。

 昨秋の講道館杯決勝で敗れて引退を決意し、4月の全日本選抜体重別選手権で優勝して有終の美を飾った。