愛知県豊田市のトヨタ自動車堤工場の入り口に掲げられた同社のロゴマーク=2020年4月

 トヨタ自動車は17日、2021年3月期の取締役10人に対する役員報酬が前期比11・2%増の総額25億4200万円だったと発表した。外国人取締役の退任時の一時的な報酬が膨らんだ。その要因を除くと前期を21・5%下回った。

 6月16日に開催する定時株主総会の招集通知に記載した。取締役だったディディエ・ルロワ氏の退任に伴い、税金の補填分として7億4700万円を支払ったことが全体を押し上げた。トヨタは「(全体額の増加は)特殊要因で、減少傾向が続いている」としている。