6回4失点でマウンドを降りた栃木GBの先発・内林=足利市総合運動場硬式野球場

2回、1死満塁で右越え2点適時打を放つ若松=足利市総合運動場硬式野球場

2回、1死満塁で栃木GBの若松が右越え2点適時二塁打を放つ=足利市総合運動場硬式野球場

6回4失点でマウンドを降りた栃木GBの先発・内林=足利市総合運動場硬式野球場 2回、1死満塁で右越え2点適時打を放つ若松=足利市総合運動場硬式野球場 2回、1死満塁で栃木GBの若松が右越え2点適時二塁打を放つ=足利市総合運動場硬式野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は16日、足利市総合運動場硬式野球場で群馬と対戦し、5-5で引き分けた。通算成績は9勝2分け9敗で、順位は2位タイのまま。

 栃木GBは先発内林瑞貴(うちばやしみずき)が三回までを無安打に抑える好調な立ち上がり。打線も初回に1点を先制すると、二回には若松聖覇(わかまつせいは)の右越え2点適時二塁打など打者一巡の猛攻で3点を奪った。

 流れが変わったのは四回。内林が初安打となる2点本塁打を浴び、相手打線を勢いづかせた。五、六回はともに満塁のピンチを最少失点に抑えたが、救援陣が踏ん張りきれず八回に追い付かれた。

 次戦は21日午後1時から、小山市運動公園野球場で神奈川と対戦する。